<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
c0042426_1859549.jpg

日本酒の出来たばかりの滴は琥珀色です。
とてもきれいです。
[PR]
by tsuchiyasake | 2006-02-28 18:59
亀の海大吟醸 上槽!
c0042426_18585070.jpg

ようやく、吟醸のを搾る日がきました!長かった~。いえ、モロミ日数的には普通ですが。
今年は酸が少なめで、上々の出来でございます。

袋吊りを実施しました。
[PR]
by tsuchiyasake | 2006-02-27 18:58
蔵見学会
c0042426_17493347.jpg

毎年恒例、佐久地方の蔵見学会がありました。
今年は佐久穂町の【井筒長】黒澤酒造様と佐久市【佐久の花】佐久の花酒造様を見せていただきました。
うらやましい機械がたくさんありました、、、。
ほんとに佐久地方の酒蔵は、元気で独特でして、各社いろんな強みがあり勉強になります。
[PR]
by tsuchiyasake | 2006-02-23 22:30
ドキュメンタリー映画 【モンドヴィーノ】
c0042426_18293918.jpg

清酒造り真っ最中ですが、、、ふと思い出した、昨年秋に見た映画の紹介を1本。
世界のワイン業界を[Terroirテロワール]・・・風土に根ざしたその土地ならではのワイン造りを信条とするワイン関係者 [Globalismグローバリズム]・・・「世界基準のおいしさ」を追い求めるワイン関係者 と2色に分けてインタビューが続くドキュメンタリーです。

テロワール派・・・モンティーユ一家(仏・ブルゴーニュ)エメ・ギメール(仏・ラングドック)
グローバリズム派・・・ミシェル・ロラン(ワインコンサルタント)ロバート・パーカーjr(評論家)ロバート・モンダヴィ一族(米・カリフォルニア)

ようは、人気は仕組まれているということです。

清酒とワインは性質も文化も流通も違うのでなんともいえませんが、非常に興味深い内容です。この映画に描かれていることは、他の業界にも似たような事例がたくさんあるでしょう。

大切にしてほしいところは、「自分がおいしいと思ったものがいい!」という感情でしょうか。

監督ジョナサン・ノシターの弁。
「似ているのは、映画もワインも同じ。消費はわずか2時間。よいものは一生忘れられない余韻が残る、そうでないものは・・・ ・・・。」

私どもの造っている酒は、どれだけの余韻を皆様方にお届けできているでしょうか?
よりよい余韻を感じられるように、、、明日も仕込みが続きます。
[PR]
by tsuchiyasake | 2006-02-16 18:29
焼酎
c0042426_13581522.jpg

久しぶりに外で飲みました。
[PR]
by tsuchiyasake | 2006-02-03 23:30