<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
関東信越国税局 吟醸の部 優秀賞受賞!!
ありがとうございます。おかげさまで、
関東信越国税局酒類鑑評会 吟醸の部
優秀賞受賞
!!
です。

春の全国新酒鑑評会金賞!と合わせて主要な賞を2冠達成です。
(長野県のは本当、あと一歩で惜しくも逃しましたが、、、。
審査員にクレームと付けたい(笑)気持ちは、、、ありませんが。)

とにもかくにも、よかったです~。
実は今朝、夢で見たんですよね。受賞する夢を。すっかり発表日も忘れていたのですが
無意識にも反応したのでしょうか、正夢になりました。こういうことってあるんですね、不思議です。



ちなみに、受賞酒の

★亀の海 「亀」 秘蔵大吟醸 1800ml 10500円
★亀の海 大吟醸 山田錦 1800ml 5145円  720ml 3045円

数量に限りがございます、品切れになってしまう恐れがありますので、
お歳暮などのお使いの予定がある方は早めの予約をお願いいたします。
[PR]
by tsuchiyasake | 2009-10-23 21:13
箱麹テスト
c0042426_1757619.jpg

毎年、前年の反省などをふまえて、改良を続けていく仕込み作業ですが、
今回は比較的低精米の酒類についての、箱麹法を試しています。
吟醸や純米吟醸では、ある程度の蓄積がある当社の箱麹
(10キロ程度の箱型の木箱で造る製麹方法)なのですが、
他の酒類に適用した場合と、従来の製麹法との差異を確認するために行っています。

よく、いろいろな方から、麹について
「麹はどうやって造っているの?」
と聞かれ、
「・・・です」と答えると
「蓋麹じゃないの?」(もっと小さい蓋状の木箱で製麹法)
とやや残念はふうな返答をされることがありますが
・・・誰が弊社の酒で蓋麹が適していると判断したんだあ、、、。なんて思うことも。

弊社の麹室は、比較的広く、乾湿差もとれるため乾燥しがちな癖があります。
なので、かなずしも蓋麹法が適しているとも言えないので、床麹法と箱麹法を
併用しているのです。
今のところ大幅な変更は考えていませんが、微調整は常に意識してのこのような作業なのです。

どんな嗜好品にもあるかもしれませんが、
メディアなどは古来の方法でぼくとつな職人が醸しているような感じが
ノスタルジーやイデオロギーに駆られて記事的にはいいのかもですが、日々研鑽をつみ
いかに、良質な酒をお届けできるかを競う、酒蔵にとってみると、その蔵に
あった最適な醸造方法を見つけ出すことこそ、消費者の皆様への恩返しだと思う日々です。
[PR]
by tsuchiyasake | 2009-10-22 17:57
はじまり・はじまり。
c0042426_2359920.jpg

今シーズンの造りが、はじまりました!
20日に初釜でございます。
まずは酒母麹などの少量ですが、はじまったことには違いなく、毎朝の緊張感が
かえってきた感じです。(遅くまで飲んでいられない日々のスタートです)

出だしの蒸しの状況はまずまずの手触りです。
空気も乾燥してるし、冷え込んでいる朝でもなく、条件的にはいいので、こんなもんでしょうかね。
[PR]
by tsuchiyasake | 2009-10-20 23:59
長野酒メッセ2009(長野市)
c0042426_1126563.jpg

今年も、長野の酒メッセが盛大に行われました。
長野県のほとんどのお酒が、蔵元の説明や話とともに、直接楽しめるとあって
毎年、入場者が増えております。
長野メトロポリタンホテルを会場に、2000人以上の業界関係者やお客様が
来場されます。リピーターの方も多く、凄い熱気でした。
c0042426_11261151.jpg

71蔵10アイテムずつとすると710種類のお酒がならんでいたことになります。
お気に入りのお酒がきっとみるかったことでしょう。

弊社のブースにも、途切れることなくお客様がいらしてくださり、いろいろお話を
させていただきました。
今月から仕込みに入るのですが、酒質などに反映できればと思っています。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
[PR]
by tsuchiyasake | 2009-10-15 11:25
佐久酒の会 稲刈
c0042426_945840.jpg

絶好の秋晴れの中、佐久酒の会「茜さす」の酒米、美山錦とひとごこちの収穫が
行われました。
今年は、天候不順で心配な面もありましたが、やや減産ではあるものの、
順調に持ちなおし立派に実り、一安心です。

c0042426_95799.jpg

今年は脱穀作業も、一部行いました。
(コンバインで刈る場合は、1台で刈りながら脱穀まで済んでしまいますので、
このような作業はないのですが。)

c0042426_95162.jpg

恒例の田んぼで集合写真です。

c0042426_952790.jpg

好評な鮎の塩焼きを大量に炭火で焼いてくださっております。

c0042426_954032.jpg

こちらは、五郎兵衛米・おにぎり隊です。

c0042426_9144418.jpg

今か今かと乾杯を待ちわびる皆さん。
食べ物の写真をすっかり撮り忘れました、、、が、

お飲み物
「茜さす」平成17酒造年度・18酒造年度・19酒造年度・20酒造年度の4ヴィンテージ

お料理
お漬物 各種(差し入れの方感謝です)
千曲川 天然鮎 塩焼
豚肉 スペアリブ炭火焼
とうもろこし等々の野菜各種
焼イモ
いも煮(山形風、たっぷりの牛肉入り)
浅科五郎兵衛米 おにぎり


c0042426_955081.jpg

会員K先生の指導なさっている、女子大生が沢山お見えになって、
マイムマイムを踊って盛り上げてくださいました。

c0042426_9121221.jpg

とにかく今回は、田んぼイベントとしては過去最高の出席者数でした。
100名以上お越しくださり、ありがとうございます。
料理不足や、いろいろ不手際等ありましたら、申し訳ありませんでした。
また会員の方中心に多数お手伝いしていただき大感謝です。
[PR]
by tsuchiyasake | 2009-10-11 09:03